fbpx

米袋豆知識

【知ってますか?】米袋は結婚式の引き出物やウエイトライスとして活用

引き出物

 

結婚式と米袋、一見あまり関わりのない二つの言葉ですがネット検索でこの二つのキーワードを打ち込むと様々なサイト、画像が表示されます。

結婚式向けのお米商品のネット販売、米袋を利用するラッピングアイテム、結婚式を挙げられる方または参列された方のプチギフト・引き出物のお米を紹介する方のSNSなどです。

 

お米のギフト商品というのが最近になって目に付くようになってきました。その背景として様々な特徴をもった高品質の美味しいお米が各産地から続々と生まれているということも理由に思えます。また、日本人であれば誰もが口にするお米は贈るシーンを選ばないというのもよく耳にします。

 

そういったギフト商品の一つとして結婚式に使っていただくお米商品、米袋グッズが増えてきています。

 

結婚式のギフトとしてすぐに思いつく物として引き出物があります。そのベーシックな内容として主となる贈り物、引き菓子、三品目…といった構成となります。

その三品目には縁起物にすることが多くあります。昆布や梅干し、鰹節などが定番となっていますが、そこにお米が使われることがあります。お米も縁起物としての要素をもっており、赤飯セットなどのおめでたい商品も人気のようです。

 

またプチギフトにもお米は人気があります。その名のとおりプチギフトなので、お米の容量も1合か2合程度(150g~300g)で小さなクラフト袋に入ったかわいい物や和紙風の小袋に記念として結婚式の日付や新郎新婦のお名前、感謝の言葉などをオリジナル印刷した物、テトラ状にパッケージングした形に特徴のある物など様々です。

 

そういった引き出物やプチギフトではお米の入った商品を購入して用意するだけではなく手作りすることもよく聞かれます。それに利用する手作り用の資材として米袋を購入いただくことも多々あります。なかには名入れシールとセットで手作りキットとして販売されているネットショップもあります。詳しく聞くとご自身やご家族の方がお米を作られており、オリジナルの袋を自作し自家栽培のお米をひとつひとつ手詰めしてプチギフトなどを用意し贈られるといった事もしばしばあります。出身地や育ってきた環境の紹介も含めた唯一無二の贈り物となり結婚式にはピッタリです。

 

他にお米の特徴を活かした結婚式のギフトで、ご両親へのプレゼントとして新郎・新婦の生まれた時の体重グラム数のお米を詰め赤ちゃんと見立て、おくるみとしてタオルや風呂敷でラッピングしたものや、出生体重や誕生日、赤ちゃんの時の写真などをプリントした米袋を使用したものなどウエイトライスや体重米のネーミングで販売されています。

 

お米のウエディングギフトアイテムを多数取り揃えておられるP-BOX様のサイトです

https://www.p-box.info/page/pickup2

 

結婚式ギフト商品も多数実績がありますのでそのような企画がございましたらKOMEBUKURO.comへお問い合わせください。


PAGE
TOP